​「在日華人」から始める、中華圏プロモーション

中国、香港、台湾、シンガポールといった華人の方が多くお住いのエリア「中華圏」。

​この「中華圏」訴求のカギは、実は日本在住の「在日華人」の方々です。

 

​中華圏の人間関係を紐解く際に重要な、「圏子」という関係性

 中華系の方々の人間関係の特徴として挙げられるのが、「圏子[quanzi]」という存在です。最も近い人間関係である親族や友人の外に位置し、好みや趣味、また特定の目的のためにつながっている交友関係であるといわれています。この関係性は濃く、旅行時のお土産も圏子の方々へも配ることがほとんど。情報の伝達も、この圏子まで信頼性の高い情報として伝播します。

情報発信の起点として強い力を持つ、
在日華人市場、急拡大中。

 2013年、在日外国人はそれまでトップだった韓国/朝鮮系の方々を抜き中華系の方々が最多数となり、その後も拡大の一途をたどっています。現在では100万人に届く規模となりました。

「圏子」にみられるような強い人間関係を持つため発信力も強い在日華人の方々は、日本国内の情報を現地に伝える発信源であるといえます。

 在日華人

​950,719人

​日本国内における新市場開拓と、
インバウンドプロモーションを兼ねた
「在日華人市場」への訴求展開。

 在日華人の方々、ひとりひとりに大陸在住の情報伝達先である「圏子」が存在し、国内市場としても在日華人数は拡大傾向にある - 中華圏に対する情報発信の起点が在日華人にあるというゆえんです。在日華人市場への訴求は、訪日観光客市場と同様、新たに生まれた新市場への訴求であり、中華圏に対する最も効率の良いインバウンドプロモーションである、といえるのです。

中華圏へのアプローチは、「在日華人」市場からのスタートが必須です!
​その方法は、ぜひ私どもにご相談ください。

© 2017 A-biz Co.,Ltd All rights reserved.

info@a-biz.co.jp

東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F